ホッケー男子 世界最強のオーストラリア追い詰めた!一時逆転も大金星逃す

[ 2021年7月25日 05:30 ]

東京五輪第2日 ホッケー男子1次リーグA組   日本3ー5豪州 ( 2021年7月24日    大井ホッケー競技場 )

第3クオーター、オーストラリアを相手に競り合う村田
Photo By 共同

 ホッケーの1次リーグが始まり、世界ランキング15位の男子日本代表は同1位のオーストラリアと対戦し、3―5で惜敗した。2点を追う第2クオーターに田中健の2ゴールなどで3点を奪い、一時は逆転に成功。後半の3失点で金星を逃したが、世界最強の相手を追い詰めた。

 1968年メキシコ大会以来の出場。「勝てなくて悔しいが、自信になる」と田中健は胸を張った。和歌山県庁の職員を辞めて海を渡り、オランダでプレーする唯一の海外組。初戦を飾ることはできなかった中、53年ぶりの白星へ「切り替えて頑張る」と前を向いた。1次リーグは12チームが2組に分かれて総当たりで争い各組上位4チームが準々決勝に進出する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース