ゴルフ世界ランク1位 スペイン代表ジョン・ラームがコロナ陽性、五輪を欠場

[ 2021年7月25日 18:26 ]

ジョン・ラーム(AP)
Photo By AP

 スペイン・オリンピック委員会は25日、男子ゴルフ世界ランキング1位のスペイン代表、ジョン・ラーム(26)が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示し、東京五輪を欠場すると発表した。今年の全米オープンでメジャー初制覇を果たし、五輪直前には全英オープンに出場していたラームは、英国滞在後に義務付けられる3回の検査を受け、2回は陰性だったものの、3回目で陽性となった。

 6月に開催された米ツアーのメモリアル・トーナメントでも首位に立っていた3日目に新型コロナウイルスに感染し、棄権していた。同委員会は代わりの選手は出場せず、スペイン代表はアドリ・アーナスの一人だけが出場する。

 世界ランキング6位で昨年の全米オープンを制した米国代表、ブライソン・デシャンボー(27)も新型コロナウイルス陽性で欠場が決定。東京五輪では2人の全米オープン覇者を欠いて、メダルを争うことになった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース