柔道・高藤 リオ銅から東京金…その理由は「気持ち。執念。5年間は勝ちに徹する柔道をした」

[ 2021年7月25日 05:30 ]

東京五輪2日目 柔道男子60キロ級 ( 2021年7月24日    日本武道館 )

柔道男子60キロ級決勝、金メダルを手に笑顔を見せる高藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子60キロ級の高藤(たかとう)直寿(28=パーク24)は24日、決勝で楊勇緯(ヨウ・ユウイ、(23=台湾)を指導3による一本で下し、日本勢金メダル1号となった。16年リオ五輪の銅メダルから5年、悲願のリベンジを果たした。

 【高藤に聞く】

 ――自国開催で金メダル1号になった気持ちは?

 「本当は(渡名喜と)2人で獲る予定だった。1号を狙っていたわけではない。ただ初日に1号を獲って、少しでも日本に勢いを付けられればと思った」

 ――銅メダルに怒りを覚えて5年間を過ごした。達成感は?

 「怒ってはないが、リオでは悔しい思いしかなかった。5年間、とにかくやりこんでリベンジできた。努力は裏切る時はあるが、正しい努力をすれば裏切らないと感じた」

 ――銅から金に色を変えられた理由は?

 「気持ち。勝ちに対する執念。練習量を増やすことで身に付けたと思うし、練習すれば強くなると思った。それが柔道の原点。リオまでの僕の方が豪快だし、面白いと思う。ただ5年間は勝ちに徹する柔道をした。組み手に徹した。そういう柔道ができた」

 ――無観客開催にどんな感情だった?

 「お互いの息が聞こえる感じで試合ができた。お互いを称えることができたので、凄くいい経験になった」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース