室伏長官が金メダリストへ祝福コメント4連発 大橋、堀米に続き阿部兄妹にも

[ 2021年7月25日 22:33 ]

<柔道男子66キロ級決勝>金メダルを手に笑顔を見せる阿部一二三(左)と詩(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 スポーツ庁の室伏広治長官(46)が25日、東京五輪で金メダルを獲得した柔道男子66キロ級の阿部一二三(23=パーク24)、同女子52キロ級の阿部詩(21=日体大)の兄妹を祝福するコメントを発表した。室伏長官はこの日、同じく金メダルを獲得した競泳女子400メートル個人メドレーの大橋悠依(25=イトマン東進)、スケートボード男子ストリートの堀米雄斗(22=XFLAG)への祝福コメントも発表しており、金メダルラッシュにうれしい“コメント一日4連発”となった。

 
 ▽阿部詩選手の金メダル獲得についてコメント

 「阿部 詩選手、金メダルおめでとうございます。

 オリンピック女子52キロ級初制覇と兄妹同日金メダル獲得というかつてない快挙を成し遂げられ、日本女子柔道界の新たな歴史を刻んでくれました。

 ますますのご活躍を期待し、心からの祝福を贈ります」

 ▽阿部一二三選手の金メダル獲得についてコメント 

 「阿部 一二三選手、金メダルおめでとうございます。

 代表内定決定戦で見せた鬼気迫る気迫そのままに勝ち抜きましたね。

 詩選手との史上初の兄妹同日金メダルは本大会でも大きなエポックとなるはずです」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース