東京五輪開会式 一部選手団がマスクなしもおとがめなし 「マスクが日々の習慣ではない人もいる」

[ 2021年7月25日 05:30 ]

 開会式の入場行進でキルギスやタジキスタンなど一部選手団がマスクを着用しなかった件について、組織委や国際オリンピック委員会(IOC)は個別に注意しない方針を明かした。

 選手は常時マスク着用が義務づけられ、IOCのデュビ五輪統括部長は「許しがたい行為があれば対応する」と話す一方、「まだ来たばかりで、マスクが日々の習慣ではない人もいる」と理解を求めた。24日は選手1人を含む大会関係者17人が新たに陽性と発表されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース