フクヒロ、白星発進 先を見ず「一戦一戦という気持ちで」

[ 2021年7月25日 05:30 ]

東京五輪第2日 女子ダブルス1次リーグA組   福島・広田組2-0バーチ・スミス組 ( 2021年7月24日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )

英国ペアと対戦する福島(上)、広田組
Photo By 共同

 女子ダブルスの福島・広田組が英国のペアを2―0で下し、白星発進した。

 第1シードとして登場し、相手を寄せつけずに快勝。右膝を痛めている広田は「(状態は)7、8割は戻ってきている。福島先輩にカバーしてもらって、自分は思い切ってやれている」と振り返った。

 16年リオ五輪の高橋・松友組に続く金メダルに向け、福島は「一戦一戦という気持ちを持って、2人らしく戦っていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース