競泳

璃花子、単身豪合宿へ「今回も刺激をもらって帰れれば」

 競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が、羽田空港から2年連続となる3週間のオーストラリア単身合宿へ出発した。昨年の合宿では名将マイケル・ボール・コーチの下、100メートルバタフライ世界選手権銀のマキオン(オーストラリア)らとの合同練習で実力アップ。「今回も刺激をもらって帰れれば」と話した。 …

2019年1月19日 05:30

ニュース

もっと見る