阪神ドラ1近大・佐藤輝「弟がめちゃくちゃ阪神ファン」強敵・浜風にも負けない

[ 2020年10月27日 15:26 ]

交渉権確定の用紙には矢野監督からの「一途一心」の文字が書かれていた(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は27日、4球団競合の末に交渉権を獲得したドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)への指名あいさつを行った。

 地元、西宮市出身の佐藤輝は「弟(悠くん=小4)が特にめちゃくちゃ阪神ファンで、すごく喜んでいた。(応援に)来てほしい」と顔をほころばせ、「すごく身近な存在の球団。熱い声援を送ってくださるファンの方々に、愛される選手になりたい」と抱負を述べた。

 矢野監督も「(阪神ファンは)熱い。甲子園では逆にヤジも。僕がドラフトで佐藤くんをあてたときから、タイガースファンの夢はどんどん広がっていると思う。その夢をファンと一緒に追いかけていきたい」と期待を寄せる。

 話題は甲子園特有の浜風に。佐藤が「左打者には不利な風だが、それに負けない打球を打ちたい。逆方向に長打を打っていきたい」と意気込むと、指揮官も「ぼくも現役時代、すごい浜風が強い試合の中で、投手が井川だったんですけど。2ストライク追い込んで勝負にいった球を、松井秀喜さんに浜風をモノともせず放り込まれたときに『すごいな』と。『この浜風で放り込むか』という印象が今でも残っている。負けないようなバッターになっていく選手なんで、佐藤くんにもこの話をした」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース