阪神ドラ6・中野 目指すは令和の鉄人「鳥谷さんのように体を強くして全試合出場したい」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

自社の車から身を乗り出しガッツポーズする三菱自動車岡崎・中野
Photo By スポニチ

 阪神の6位指名ながらも、中野(三菱自動車岡崎)は即戦力として期待されているだけに、自らにプレッシャーをかけるべく、大きな目標を掲げた。

 「新人王を獲りたい。自分は打率を残すタイプなので3割を残せるように頑張ります」

 社会人では「打てる遊撃手」として評価され、10月の都市対抗2次予選・西濃運輸戦では先制本塁打を放って出場権獲得に貢献と勝負強さも発揮した。

 日大山形2年夏は二塁手として1学年先輩の奥村展征(現ヤクルト)と二遊間を組み4強入り。東北福祉大4年時には大学野球選手権優勝を経験した。三菱自動車岡崎1年目の昨年は日本選手権4試合で19打数8安打の打率・421を残した。その後のアジアウインターリーグ(台湾)でも1本塁打を含む7長打で打率・371。50メートル走5秒9の俊足も武器に攻守で際立つ存在で、経験も豊富だ。

 山形県天童市出身だが、父・茂明さん(55)の影響で幼少期から阪神ファン。「鳥谷さんのように体を強くしてショートで全試合出場を果たしたい」。長年、阪神の遊撃を守り続けた鳥谷(現ロッテ)を目標に「令和の鉄人」を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース