DeNAドラフト1位森デビュー 初打席で左翼フェンス直撃二塁打

[ 2020年10月27日 20:59 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2020年10月27日    横浜 )

<D・巨>8回1死、代打・森は左越え二塁打を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・森敬斗内野手がプロ初打席で初安打を放った。

 6―2の8回1死から代打で登場。ビエイラの154キロ速球に力強くスイングすると、打球は逆方向に伸びて左翼フェンス直撃の二塁打となった。プロ初安打に二塁ベース上で笑顔を見せた背番号6。その後暴投で三塁へ進むと、大和の適時三塁打でプロ初得点もマークした。

 次世代のスター候補生に、本拠地のファンは大きな拍手を送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース