広島ドラ2・森浦 目標は先輩の石原貴と「1軍でバッテリー」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

<ドラフト指名>広島に2位で指名され、「感謝」の文字を記した色紙を手にポーズを決める天理大・森浦大輔(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 広島からの2位指名に、森浦(天理大)は驚き半分喜び半分の様子だった。天理市内の野球部寮の自室で、ドラフト中継で名前が挙がった瞬間を「ビックリしました」と振り返った。

 コロナ禍とあって、チームメートからの胴上げもなく、一人で寮の玄関前で取材に対応した。広島は訪れたことのない未知の場所だが、心強い先輩がいる。昨年、1年先輩の石原貴が5位指名で入団しているからだ。プロに入ってから何度か話をする機会があり「プロのレベルは高いぞ」と憧れの世界の空気感を教えてもらっていた。まずは「1軍の舞台で石原さんとバッテリーを組みたい」というのが目標だ。

 MAX148キロの直球に自信のあるチェンジアップが武器。DeNA・東が目標と言い「力強いストレートにキレのある変化球を投げる」ことを理想とする。先発、中継ぎ、抑え…。投げるポジションにこだわりはない。「与えられた場所で」1年目から勝負をかける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース