昨夏甲子園V、小深田ら履正社トリオ、プロの道へ!関本は“父子虎”ならず

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

ドラフト会議で指名を受けた(左から)ソフトバンク5位・田上、DeNA4位・小深田、楽天6位・内(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 昨夏全国制覇を果たした履正社から3人が指名された。高校通算35本塁打で、昨年は阪神・井上と強力打線を形成した小深田はDeNA4位指名。「井上さんと同じリーグなので、筒香さんのような選手になって先輩に勝ちたい」ときっぱり。

 近大―ヤマハでプレーした父・文武さんの夢をかなえた最速148キロの内は楽天6位指名で「1メートル90の体で誰にも負けない直球を投げたい」と誓った。

 サプライズ指名は志望届提出が遅かった田上。ソフトバンクから5位で指名された。公式戦登板はないが、最速151キロの将来性が評価された。「母子家庭なので母を楽にさせてあげたかった」と、がんで闘病中の母・由香さんと抱き合って、指名の喜びに浸っていた。

 阪神で活躍した賢太郎氏が父の関本は指名されず、史上初の「父子虎」の誕生はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース