ソフトバンク ビールかけなし祝勝会「4年連続日本一へ向けて」「さあ行こう!」

[ 2020年10月27日 23:34 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5ー1ロッテ ( 2020年10月27日    ペイペイD )

祝勝会でクラッカーを鳴らしリーグ優勝を喜ぶソフトバンクナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 3年ぶりのリーグ優勝を果たしたソフトバンクは、ペイペイドーム内で祝勝会を行った。例年と異なり、ビールかけはなく、中村晃、森、今宮、甲斐が壇上に上がって、くす玉を割った。

 選手会長の中村晃の「4年連続日本一へ向けて」と合図を送ると、ナインが「さあ、行こう!」と声をそろえ、くす玉が割られた。

 冒頭で孫正義オーナーが「皆さんの活躍が多くのファンに勇気を与えてくれたと信じます」とあいさつ。王貞治球団会長も「本当に強かった。特に10月に入ってからの戦いは素晴らしかった」と称えた。工藤監督は「心から感謝をしたい。みんな本当にありがとう」と感謝の言葉を述べ「クライマックス。日本シリーズを勝っていかなくちゃいけない。またここで集まれるようにしましょう」と声に力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース