JFE東日本・今川、日本ハム6位指名に号泣「もう駄目かなと思う瞬間も…」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

日本ハムからドラフト6位で指名され、満面の笑みを浮かべるJFE東日本・今川
Photo By スポニチ

 3年越しの夢がかなった。小学生時代から日本ハムファンで、今でもファンクラブ会員。自身の名前が読み上げられると、JFE東日本・今川は人目もはばからず号泣した。

 支配下登録では最下位の6位指名。指名された時にはドラフト会議開始から2時間以上が経過していた。「もう駄目かなと思う瞬間もあったけど、最後まで諦めずに名前を呼ばれるのを待っていた。意中の球団に入れて最高に幸せ」。会見では大粒の涙は消え、満面の笑みが広がった。

 東海大北海道時代はプロ志望届を提出するも、指名漏れ。社会人では代名詞のフルスイングに磨きをかけてきた。「必ずプロ野球選手になるという思いを胸に、この2年間悔しさを忘れずにやってきた。2年前の悔しさが今の僕をつくっている」。その熱い思いがプロへの扉を開いた。

 身長1メートル76と小柄ながら思い切りの良いスイングが魅力の右のスラッガー。50メートル走も6秒0と俊足も武器だ。「落合博満選手のような3冠王を獲れる選手になりたい」と宣言。主砲・中田には「本塁打の秘けつを聞きたい」と弟子入りしたい考えだ。

 23年には北広島市に新球場「エスコンフィールド北海道」が開場する。「3年後はチームの中心選手でいたい」。プロに入れば指名順位は関係ない。最下位からはい上がる。(東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース