巨人・坂本 2打席連続安打で2000安打へあと9本 ともに2球目、4戦ぶりマルチ

[ 2020年10月27日 18:51 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2020年10月27日    横浜 )

<D・巨>4回1死、坂本勇は右中間二塁打を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(31)がDeNA戦(横浜)の初回と4回に2打席連続で安打を放ち、通算2000安打にあと9本とした。

 「3番・遊撃」で先発出場した坂本は0―0で迎えた初回、2死走者なしで入った第1打席でDeNA先発右腕・大貫が投じた1ボールからの2球目、外角低めスライダーに泳ぎながらもしぶとく右前へ弾き返し、まずは1安打。

 0―1となって迎えた4回には1死走者なしで入った第2打席で大貫が1ストライクから投じた2球目ツーシームを今度は右中間へ運び、二塁打とした。

 坂本は4試合連続マルチを記録した22日のヤクルト戦(神宮)から4試合ぶりの複数安打となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース