オリックス ドラ2・元 MAX144キロもプロでは野手1本「飛距離、勝負強さには自信ある」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

<ドラフト>色紙に好きな言葉、氣愛と書き込みバットを手にプロでの活躍を誓う中京高・元謙太(撮影・後藤 正志)  
Photo By スポニチ

 オリックスから2位指名を受けた元(中京)は、名前を呼ばれ、ふっと肩の力を抜いた。

 「少し緊張もあったので、正直ホッとしています」。

 昨夏甲子園大会では作新学院との準々決勝で逆転満塁弾を放つなど4強入りに貢献。投手としても最速144キロを誇っても、プロでは野手1本での勝負を決め、「飛距離、勝負強さには自信がある。大きいのが打てて、率も残せる選手になりたい。活躍することが今まで支えてくれた人たちへの恩返し。しっかり準備したい」と誓った。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース