広島ドラ4・小林「どこを任されても抑えたい」昨夏激闘の奥川と再戦あるぞ

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

<ドラフト>広島から4位指名を受けボールを手に笑顔の智弁和歌山・小林 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 智弁和歌山を支えた投打の主役が色紙に強い決意を記した。日本ハムから4位指名された細川が「盗塁王」という目標を掲げると、広島4位の小林は「勝てる投手」と語った。

 小林は2年春から2季連続で甲子園に出場。星稜・奥川(現ヤクルト)と投げ合った昨夏の激闘は記憶に新しい。聖地では4試合で12回1/3を投げ、防御率1・46。最速152キロを武器に「どこを任されても抑えたい」と意気込み、中谷仁監督からは「160キロを超えるような投手に」と期待を寄せられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース