ロッテ1位の法大152キロ左腕・鈴木 “外れ”も2球団競合「信頼してもらえるような投手に」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

ロッテ1位指名に笑顔の法大・鈴木(法大提供)
Photo By 提供写真

 オンライン会見で顔を紅潮させた。外れ1位でヤクルトとの2球団で競合し、ロッテが交渉権を獲得した法大の152キロ左腕・鈴木は「小さい頃からの夢。まだ実感が湧いていない。本当にうれしかった」と話した。ロッテの印象を問われると「ファンの応援が素晴らしく、優勝争いに食い込んでいる。信頼してもらえるような投手になりたいです」と力を込めた。

 中学時代はU15の日本代表入りし、アジアチャレンジマッチで優勝。常総学院時代、当時木更津総合のエースだった早大・早川らとともに注目を集めた。2年春と3年夏は甲子園8強。内角への投げっぷりの良さが持ち味だ。今秋6試合で32回を投げて1勝2敗、防御率0・84をマークし一気に評価を上げた。

 高校、大学としのぎを削った早川は同じパの楽天へ。「ライバルと言えるようなレベルじゃない。まずは投げ合えるように」と謙虚に話した。その上で、「ソフトバンクの柳田選手と対戦してみたい。1年目の目標は1軍に定着してチームに貢献したいです」と意欲。伸び盛りの男がプロでさらに飛躍する。

 ◆鈴木 昭汰(すずき・しょうた)1998年(平10)9月7日生まれ、茨城県出身の22歳。土浦四中では土浦霞ケ浦ボーイズに所属し、U―15日本代表入り。常総学院では3度甲子園に出場し、3年夏はエースで8強入り。法大では1年時の秋にデビューし、大学日本代表候補にも選出された。リーグ戦通算3勝4敗。1メートル75、80キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース