東海大相模101発コンビも笑顔!西武3位・山村、ロッテ5位・西川 同一リーグで勝負!

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

東海大相模の山村(左)は西武から3位指名、西川はロッテから5位指名を受け笑顔(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 東海大相模の2人合わせて101発コンビがそろって指名を受けた。高校通算48本塁打の山村は西武3位。「指名されてホッとした気持ちでいっぱいです」。目標の選手にはオリックスの吉田正を挙げ「フルスイングとミート力は本当に凄いと思うので、尊敬できます」と語った。

 53本塁打の西川はロッテ5位。出身地の球団とあって「ファンの皆さんの熱い声援やチーム全体のつながりがあるなと感じました。一番のアピールポイントは長打力です」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース