ヤクルト・高津監督クジ“連敗”も…木沢“最後の”1位指名に「驚いた気持ちが先に来た」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

ヤクルトに1位で指名され、マスコットを手に笑顔を見せる慶大の木沢
Photo By 代表撮影

 ヤクルト・高津監督が2度抽選を外し、最後の12人目で1位指名されたのは155キロ右腕、慶大・木沢だ。オンライン会見で「まさか1位でという思い。驚いた気持ちが先に来た」と喜んだ。

 慶応高時代から本格派として知られたが、右肘を痛めた。大学進学時はリハビリ続きの毎日。1年秋にようやく投球を再開した。再発しないように投球動作を見直して一からフォームを作り上げ、2年春のリーグ戦デビューで151キロを計測するまでに復活した。

 今季は周囲が就職活動を始める中で「やっぱり野球しかない」とプロ志望を決意。「神宮ではうれしい思いと同じくらい悔しい思いもしてきた。またこれからも神宮のマウンドで投げられることはうれしい。先日、五十嵐投手が引退された。ファンの方に愛される投手になりたい」。いつも冷静沈着だが、マスクの下で静かに喜びをかみしめた。

 11月7、8日には優勝を懸けた早慶戦に臨む。楽天1位の早大・早川とのエース対決。「しっかり勝ちきりたい」と力を込めた。(松井 いつき)

 ◆木沢 尚文(きざわ・なおふみ)1998年(平10)4月25日生まれ、千葉県出身の22歳。船橋二宮小6年時にロッテJr入りし、藤平(楽天)らと12球団トーナメントを制覇。慶応高では甲子園出場なし。慶大では2年春にデビューし、通算6勝1敗。3年秋に明治神宮大会で全国デビュー。1メートル83、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース