中日・与田監督 3年連続獲得の地元の逸材に期待 ファンと一緒に「スター」育てる

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020

ドラフト会議に臨む中日・与田監督(c)NPB/BBM2020
Photo By 提供写真

 3年連続で“地元高校生”を1位指名した中日・与田監督は「地元から素晴らしい選手が出た場合は、ドラゴンズで活躍して欲しいビジョンがある」と強調した。

 18年に岐阜出身の根尾、19年に愛知出身の石川昂を獲得。高橋も加えた3人に将来の看板選手としての期待を寄せ、「そういう選手に育てなければいけない責任は感じている。ファンにもご理解をいただいて、将来のスターを一緒に育てて欲しい」と願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース