日本ハム ドラ1伊藤に指名あいさつ 栗山監督からメッセージ「共に天下を」

[ 2020年10月27日 15:29 ]

指名挨拶後、新球場のタオルを持って写真に納まる伊藤(中央、左は白井スカウト、右は大渕スカウト部長)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 26日のプロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名された苫小牧駒大・伊藤大海投手(23)が27日、北海道苫小牧市内の同大で球団の指名あいさつを受けた。

 栗山監督直筆の「共に天下を!」の言葉とサイン入りのドラフト会議のIDを渡された伊藤は「自分自身の取り組みを評価されたことが自信になったし、その姿勢で取り組んでいきたい」と笑顔。大渕隆スカウト部長は「先発、クローザー、多様な能力を持っている。23年開業の新球場(での活躍)を目指してほしい」と高い期待を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース