早大155キロ左腕・早川は4球団競合の末、楽天!堂々新人王宣言 目指すはマー君

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020

笑顔でポーズを取る早大・早川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今ドラフトの「顔」だった早川は、寮のラウンジでテレビを見ながら運命の瞬間を迎えた。交渉権を獲得したのは、楽天――。会見場となった西東京市の室内練習場には、テレビカメラ10台に約80人の報道陣が集結していた。授業を終え会見に臨んだ最速155キロ左腕は、真っすぐ前を向いて決意を口にした。 ノーカット 早大・早川 1位指名会見

 「率直にうれしい。即戦力で試合に出られればと思うし、新人王を狙っていきたい」

 堂々の新人王宣言。さらに目標の投手としてビッグな名前を口にした。憧れはダルビッシュ(カブス)、前田(ツインズ)と公言していたが会見では楽天OBの田中(ヤンキース)の名を挙げ「楽天を日本一に導いたのを小さい頃に見ていた。勝てる投手というのは田中将大投手のような選手かなと思う。沢村賞や最多勝も獲っている。偉大な先輩に追いつきたい」と誓った。

 田中は入団1年目の07年に11勝で新人王。日本一に輝いた13年には、レギュラーシーズン24勝0敗で沢村賞などタイトルを総なめにした。左右の違いはあれど、早川も即戦力左腕として高い能力を秘める。最速155キロの直球に多彩な変化球と精密なコントロール。「大学4年間で培った武器がある。スピードが注目されがちだけど、スピードを生かして変化球を丁寧に投げ分けて、奪三振だったりゲームメークができれば」とアピールした。

 仙台のイメージは「牛タンがおいしい」と笑顔。当たりクジを引き当てた石井一久GMが直後のインタビューで「僕のお父さんが隆(たかし)、僕が一“久”。両方の漢字が入っているので縁を感じた」と語ったことについては「自分も縁があるなと。左手で(クジを)引いてくれたのも左投手として縁を感じた」と目を輝かせた。

 「マー君ロード」を進む左腕は、輝かしい未来に思いをはせた。「将来は野球界に名が残る大投手になりたい」――。野望をかなえるための第一歩を、杜の都で踏み出す。(鈴木 勝巳)

 【早川 隆久(はやかわ・たかひさ)】

 ☆生まれ&サイズ 1998年(平10)7月6日生まれ、千葉県横芝光町出身の22歳。1メートル80、77キロ。左投げ左打ち

 ☆球歴 小1からソフトボールを始める。横芝中では軟式野球部に所属した。木更津総合では1年秋からベンチ入りし、2年春、3年春夏と計3度甲子園出場し、3年春は8強入り。3年時にU18高校日本代表に選出。早大では1年春から登板し、通算51試合で12勝12敗、防御率2・59(26日現在)。

 ☆ライバル 東京六大学で競う明大・入江(DeNA1位)とは、3年夏の甲子園準々決勝でも対戦。木更津総合の早川は2試合連続完封で勢いに乗っていたが、初回に作新学院の主砲だった入江に先制ソロを許し、相手先発のエース今井(現西武)に好投され、1―3で敗れた。

 ☆最速155キロ 今年8月10日、東京六大学春季リーグ戦開幕の明大戦で自己最速を3キロ更新する155キロをマーク。試合は9回1失点、12三振で自身初の完投勝ち。

 ☆ダルビッシュも絶賛 155キロを投げた動画が拡散され、カブス・ダルビッシュも「いやいや笑 左で155キロって笑 体感も早そう」と驚きの顔文字付きでツイートした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース