明大・入江 DeNA単独1位指名にホッ 目標は「開幕ローテ、理想は10勝」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議2020 ( 2020年10月26日 )

DeNA1位に指名された入江は笑顔を作り過ぎて、頬をさする(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 夢をかなえた。DeNAから単独1位指名され、明大・入江は「ホッとした気持ちと、自覚と責任を感じる」と表情を引き締めた。

 1メートル87の長身から最速153キロの速球を投げ込む本格派右腕。作新学院では3年夏に西武・今井とともに全国制覇を経験した。当時は控え投手で打者として注目を集めた。「どうしても投手として花を咲かせたい」との一心で明大に進学し、才能を開花させた。

 4年前の約束を守った。西武から1位指名を受けた直後の今井から「また、同じ舞台でやろう」と声を掛けられた。「投げ勝つのはもちろん、打席でもヒットを打ちたい。今井のことはよく知っているので」と笑った。目標は「開幕1軍でローテーションを守る。理想は10勝」。次世代の「ハマのエース」を目指し、憧れの世界に飛び込む。

 ◆入江 大生(いりえ・たいせい)1998年(平10)8月26日生まれ、栃木県出身の22歳。作新学院では3年夏に全国制覇。U18高校日本代表に選出された。明大では1年春からベンチ入り。1メートル87、87キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース