レイズ崖っぷち3敗目 筒香3戦連続代打出場も 左飛でWS初安打お預け

[ 2020年10月27日 02:30 ]

ワールドシリーズ第5戦   レイズ2―4ドジャース ( 2020年10月25日    アーリントン )

<レイズ・ドジャース>ドジャースに敗れ、肩を落とすレイズの選手たち(AP)
Photo By AP

 レイズは2―3の4回の逸機が響いた。2四球などで無死一、三塁としたが、2者が凡退。最後は三走マーゴーが本盗に失敗した。自身の判断でスタートを切った俊足外野手は「チャンスがあると思った」。直後に手痛い失点を喫し、流れを手放した。

 筒香は2―4の8回無死一塁から3試合連続で代打として登場したが左飛に。WS初安打をマークすることはできなかった。初制覇へ後がなくなり、ケビン・キャッシュ監督は「早い回に得点しなくてはいけない。休養日があるので、切り替えてやり返したい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月27日のニュース