阪神・大山 貴重な追加点で望月を援護

[ 2019年7月17日 20:05 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年7月17日    豊橋 )

<中・神>5回1死一、二塁、大山は左前適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・大山が貴重な追加点を叩き出した。1点リードで迎えた5回。1死一、二塁から中日・三ツ間の投じた5球目のストレートを左前に弾き返す適時打を放った。

 序盤から先行するも、中日も追いすがる展開となる中でプロ初先発で4回まで7安打を浴びながら2失点と粘っていた望月を援護する勝ちある1点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース