【長崎】長崎総科大付 小川陸サヨナラ3ラン「完璧でした」

[ 2019年7月17日 15:26 ]

第101回全国高等学校野球選手権 長崎大会2回戦   長崎総合科学大付5―2佐世保北 ( 2019年7月17日    長崎県営 )

<長崎総科大付・佐世保北>延長10回にサヨナラ3ランを放った小川陸
Photo By スポニチ

 シードの長崎総合科学大付が延長10回1死一、三塁から3番の小川陸斗捕手(3年)が右越えにサヨナラ3ランを放った。初球のカットボールを捉え「完璧でした」と笑顔がはじけた。

 佐世保北に先制される苦しい展開だったが、エースの徳留裕翔投手(3年)が粘りの投球を披露。徳留は5回に右犠飛、7回に右前打と打っても活躍した。女房役の小川陸は「徳留が頑張っていた。延長は自分たちで決めようと思った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース