DeNA・ラミレス監督 史上最年少で150セーブ達成の山崎を祝福「素晴らしいの一言」

[ 2019年7月17日 21:29 ]

セ・リーグ   DeNA3―1広島 ( 2019年7月17日    横浜 )

<D・広>150セーブを達成した山崎康はラミレス監督(左)に迎えられる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DeNA・ラミレス監督が、史上最年少で150セーブを達成した山崎康晃投手を祝福した。

 2点リードの9回を三者凡退で締めた守護神に「素晴らしいの一言。今、日本で一番安定しているクローザーかもしれない。ルーキーの頃からずっと安定していて、“まだ150セーブだったのか”と言うくらい」と入団以来数字を積み重ねてきたことに敬意を表した。

 山崎の強さについて「セルフコントロールの部分」と精神的な部分を挙げ「タフなポジションで投げ続けて成長している。もちろん失敗することもあるが、次の日にしっかり準備をして投げる。ロードでも強く、メンタルが素晴らしい」と絶賛していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース