【兵庫】センバツ4強の立役者、明石商・中森 志願登板で2回4K「試合勘を取り戻したかった」

[ 2019年7月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 兵庫大会3回戦   明石商9―0和田山 ( 2019年7月16日 )

<明石商・和田山>2回無安打4Kと好投した明石商・中森 (撮影・平嶋 理子)     
Photo By スポニチ

 明石商(兵庫)は今春センバツ4強の原動力となった2年生右腕・中森が和田山戦で、8―0の6回に2番手で登板。センバツ以来の公式戦で2回無安打無失点4奪三振、最速は145キロを計測するなど実力を示した。

 「試合勘を取り戻したかった」と狭間善徳監督に志願して登板し、6回は全て直球を決め球に3者連続空振り三振。7回も3者凡退に封じた。「できるだけ球数を減らして、余力を残していきたい」と長い戦いを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース