楽天の守護神・松井が休養から復帰「しっかり気持ちも切り替えられた」

[ 2019年7月17日 19:56 ]

 球宴終了後から休養のために2試合連続でベンチ入りしなかった楽天の守護神・松井裕樹投手(23)が、17日のオリックス戦(京セラドーム)から戦列に復帰した。

 前半戦は41試合に登板し、球宴にも出場した。首脳陣は疲労の蓄積を考慮して、15日のシーズン後半戦初戦から2日間連続で異例の休養日を与えた。平石監督は「予定通り。松井が球宴に選ばれた時点で石井GMとコンディショニングスタッフと話し合って決めた。(現時点で)どこかが悪いわけではなく、悪い怪我につながらないように一番良い選択をしようということ」と説明した。

 ベンチ入りメンバーに復帰した松井は、首脳陣の配慮に「ありがたいです」と感謝。心身ともにリフレッシュし「しっかり気持ちも切り替えられたので、チームに貢献していきたい」と表情を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース