中日・平田、100本塁打に王手!年に一度の豊橋で同点2ラン

[ 2019年7月17日 20:00 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年7月17日    豊橋 )

5回、同点2ランの平田(6)を迎える中日ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日の平田良介外野手(31)が17日、阪神戦の5回に同点2ランを放ち、通算100本塁打に王手を懸けた。

 大台へあと2本で迎えたこの日、平田は「1番・右翼」で先発出場。2―4の5回無死一塁、阪神先発の望月が投じた2球目スライダーを右スタンドへ運んだ。

 平田は前日の試合でも9回サヨナラ勝利を呼ぶ二塁打を放ち、6連勝をけん引。今年5月に左ふくらはぎ肉離れで戦線離脱していたが、復帰後は打率.311と好調をキープ。年に一度の豊橋決戦で、今季6号で大台に王手を懸けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース