【大谷と主な一問一答】8試合ぶりのマルチ安打「今日は打席の感覚が良かった」

[ 2019年7月17日 16:03 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―2アストロズ ( 2019年7月16日    アナハイム )

<エンゼルス・アストロズ>初回無死一、三塁から遊撃への先制適時内野安打を放ち、一塁を走り抜けるエンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は16日(日本時間15日)、本拠地アナハイムでのアストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。8試合ぶりのマルチ安打をマークし、メジャー自己新となる12試合連続出塁とした。主砲トラウトを右ふくらはぎの張りで欠きながらチームは7-2で勝ち、後半戦無傷の5連勝で貯金4となった。一方、この日の来場者には、先着3万人に大谷のボブルヘッド人形がプレゼントされた。試合前の練習中から多くの日本人ファンの姿が客席に見られた。

 以下、大谷と主な一問一答

――5連勝

「トラウト選手がいないですけれど、その中で点も取って勝てているのは凄くいいんじゃなかと思います」

――後半戦初の2安打、休みの隙間も埋まってきたのか

「今日は打席の感覚が良かったんじゃないかと思うので、打ち取られている打席の感覚も悪くないと思います」

――ブルペンの感覚は

「強度も徐々に上げていくという感じなので急に上げるということはないですけれど、少しずつステップアップしたいなと思っています」

――スピードガンで計測する狙いは

「強度を測る上では数字が出るのでそれより上げないようにとか、もうちょっと強くいこうとかというところでは使えるかなと思っています」

――自分の感覚と実際の数字を合わせるためか

「うーん。というよりも、これより上げないように。一つの基準として。はい」

――バブルヘッド人形、こちらでプレーする前にはどういうものだったのか

「まずは配られるような選手になりたいなと。それは光栄なことですし、チームにとってもそういう選手になるということは凄く大事なことじゃないかなと思います。そういう日に打てたというのは良かったんじゃないかと思います」

――似ている人形はあまりないが、ご自身の人形はどう思っているのか

「そうですね、僕がもらうわけではないので、もらった人が喜んでくれれば十分じゃないかと思います」

――自分の人形は持っているのか

「僕のは持ってないです。自分のは。他の選手のは持っていますけれど」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース