日本製鉄鹿島、継投で逃げ切り 元阪神・玉置が初白星「チームが勝てばいい」

[ 2019年7月17日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第4日・2回戦   日本製鉄鹿島5―4王子 ( 2019年7月16日    東京D )

日本製鉄鹿島の先発・玉置 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本製鉄鹿島は3投手の継投で逃げ切った。元阪神・玉置が先発し5回1/3を3失点に切り抜けると、北関東2次予選で完全試合を達成した能間が3回1/3を1失点に抑え、最後は角田が締めた。

 玉置は「僕の勝ちはどうでもいい。優勝が目標ですけど、一番難しい初戦にチームが勝てばいいんです」と入社4年目で初の都市対抗白星より、初戦突破を喜んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース