阪神・福留1軍復帰目前 実戦復帰で快音なしもシートノックで軽快動き

[ 2019年7月17日 05:30 ]

2軍戦で実戦復帰した福留(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 左ふくらはぎの張りで2軍調整中の阪神・福留孝介外野手(42)が、16日のウエスタン・リーグ広島戦で実戦復帰を果たした。「5番・指名打者」で出場。3打数無安打に終わったが、1軍復帰へまた一つ前進した。

 6月20日の楽天戦以来、約1カ月ぶりの実戦出場。先発・ローレンスを相手に2回先頭の第一打席は一ゴロに終わると、4回1死一塁では6球目の内角ツーシームに見逃し三振。6回の第3打席はチェンジアップで空振り三振に終わり、この日は快音を響かせることはできなかった。試合後は「試合に出たくらいなのでなにもないよ」と語り、球場を後にした。

 試合前練習では、シートノックで左翼の位置に入るなど軽快な動きをみせ、順調な回復ぶりを示した。平田2軍監督は「塁に出れば代走もいらないと言っていた。明日の状態次第だけど、守備に就かせるかもしれないね」と17日の広島戦での守備復帰を示唆。頼れるベテランの復活は秒読み段階に入った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース