米メディアも来た! 大谷番記者 佐々木は「美しい 本当のアスリート」

[ 2019年7月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会2回戦   大船渡14―0遠野緑峰 ( 2019年7月16日    花巻 )

<大船渡・遠野緑峰>初回、この夏の1球目となる142キロの直球を投げ込む大船渡・佐々木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 米メディアも佐々木の取材に訪れた。ロサンゼルス・タイムズのディラン・ヘルナンデス記者(39)は、東京五輪の前取材のために前日に来日して駆けつけた。

 「2016年にメジャーに来る前の大谷(現エンゼルス)も取材している。同じ岩手県から菊池(現マリナーズ)も出ているし、スーパースターが3人目だからね」。

 普段は大谷も取材している同記者は「佐々木は走り方も美しく、本当のアスリート。でも、メジャーのスカウトは(獲得は)諦めていますよ」と国内プロ志望の佐々木の進路についても話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース