巨人・坂本勇、リーグ単独トップ27号!先発2番で21本目 巨人の「最強の2番打者」だ

[ 2019年7月17日 18:30 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年7月17日    神宮 )

4回無死、坂本勇が右中間に同点のソロアーチを放ち、元木コーチ(右)とタッチ (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇がセ・リーグ単独トップの27号同点ソロを放った。

 0―1の4回、先頭で打席に立った坂本勇は、ヤクルト先発・山田大の低め変化球を逆らわずに右中間へ。打球はぐんぐん伸びて右中間スタンドに突き刺さった。「打ったのはスライダー。振り出しに戻せたので、またここから頑張ります」と坂本。

 前日にDeNA・ソトに並ばれていたが、2試合ぶりの一発でリーグ単独トップに再浮上。打点も65に伸ばし、リーグトップのヤクルト・村上に1打点差に迫った。

 また、先発2番打者として打った本塁打は、これが21本目。02年二岡に並んで球団最多タイとし、名実共に「最強の2番打者」となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース