DeNA綾部が無期限謹慎 女子高生と不適切な関係 三原代表「深くおわび」

[ 2019年7月17日 05:30 ]

DeNAの綾部
Photo By スポニチ

 DeNAは16日、綾部翔投手(22)が未成年女性と不適切な関係を持ったことが発覚し、神奈川県の青少年保護育成条例違反の疑いがあるとして無期限謹慎処分を下した。練習にも参加させず、自宅謹慎となる。

 球団によると、綾部は17年12月に女性を高校生と認識しながら関係を持った。14日に綾部が週刊誌の取材を受けて球団に報告し事実関係を認めた。三原一晃球団代表は「深くおわび申し上げたい」と謝罪した。綾部は16年にドラフト5位で茨城・霞ケ浦から入団。17年にプロ初登板勝利を記録したが、その後は右肩の手術を受け、1軍登板はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース