トヨタ自動車・沓掛、逆転満弾!都市対抗2本目安打「記録より記憶に残る選手かな」

[ 2019年7月17日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第4日・2回戦   トヨタ自動車6―4三菱日立パワーシステムズ ( 2019年7月16日    東京D )

8回1死満塁、左中間に逆転となる満塁本塁打を放ちガッツポーズするトヨタ自動車・沓掛(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 トヨタ自動車(豊田市)は4番・沓掛(くつかけ)祥和内野手(24)の逆転満塁ホームランで三菱日立パワーシステムズ(横浜市)を撃破。3回戦に進出した。

 3点を追う8回に1点を返し、なお1死満塁で沓掛が左中間席へグランドスラム。「最高。都市対抗2本目のヒットが満塁本塁打とは。新庄選手(元日本ハム)じゃありませんが、記録より記憶に残る選手かな」と笑った。

 昨年の2回戦・JR東海戦で初安打は単打ながら二塁を狙ってタッチアウト。「ずいぶん冷やかされました」と苦笑いしたが、1年後の殊勲打にようやく胸を張った。2回に2つの野選で失点を招いたが、4番はきっちりとバットで倍返しして見せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース