日本ハム、首位攻防戦3連勝!有原、リーグ単独トップの10勝目

[ 2019年7月17日 21:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―0ソフトバンク ( 2019年7月17日    北九州 )

日本ハム先発・有原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハムの先発・有原が8回114球を投げて、2安打無失点の好投でリーグ単独トップとなる今季10勝目をマーク。自身3度目のシーズン2桁勝利となった。チームは、ソフトバンクとの首位攻防3連戦で3連勝を飾った。

 有原は、初回に先頭打者の上林に左前打で出塁を許すが、その後4回までは完全に抑えた。5回に無死一、二塁というピンチを迎えるが、後続を抑えた。6回以降も三塁を踏ませぬ投球で、ソフトバンク打線を2安打で抑えた。有原が降板後の9回は、秋吉が2番手で登板し、1イニングをしっかり抑えた。

 打っては、初回に先頭の西川の3号ソロで先制。5回には1死一、三塁で中島の左前適時打で1点追加。さらに1死満塁で大田のショートへの適時打で加点すると続けて近藤の中犠飛で追加点を挙げて、リードを4点に広げた。

 ソフトバンクは、日本ハム先発の有原に2安打で抑えられ、今季初の4連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース