DeNA 今季初めて「8番・投手」を採用 7番の関根は今季2度目のスタメン

[ 2019年7月17日 17:49 ]

セ・リーグ   横浜 ( 2019年7月17日    DeNA―広島 )

DeNAの浜口
Photo By スポニチ

  DeNAが今季初めて「8番・投手」を採用した。

 「今日が一番良いタイミング。(7番の)関根は足が速く、投手がバントをして(9番の)大和は得点圏に強い。さらにそこから上位へ行くので機能するかなと思った」と意図を明かしたラミレス監督。前夜は8得点を奪い連敗を止めたが「今日勝つためのラインナップを用意した」とジョンソン対策で打線を組み替えた。

 7番に抜てきした関根は、4月17日以来、今季2度目のスタメン。今季は13打席でまだ安打はないが「フィーリング。こういうところでヒーローになったりするのが野球」と期待を寄せた。

 DeNAのスタメンは以下の通り。

1(二)中井
2(左)筒香
3(右)ソト
4(一)ロペス
5(三)宮崎
6(捕)伊藤光
7(中)関根
8(投)浜口
9(遊)大和

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース