【福岡】福岡大大濠 劇的サヨナラ勝ち 2点差9回2死から同点、2番友納がサヨナラ内野安打

[ 2019年7月17日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 福岡大会3回戦   福岡大大濠4―3福岡 ( 2019年7月16日 )

<福岡大大濠・福岡>サヨナラのホームを踏んだ杉村(左から2人目)は歓喜のナインに迎えられる
Photo By スポニチ

 福岡大大濠(福岡)は9回2死から左打ちの1番打者・杉村が起死回生の一打を放った。「左対左なので体が開くと打てないから逆方向を狙っていた。外角寄りのスライダーをうまく打てた」。2点を追う2死二、三塁。福岡の左腕・轡水(ひすい)から同点の左翼線2点三塁打を放った。

 続く友納が二塁へのゴロを全力疾走で内野安打に。三走・杉村をサヨナラのホームに迎え入れた。延長12回、4―3で競り勝ちした九産大九産戦(9日)に続き、接戦を制した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース