【神奈川】横浜 夏初戦圧勝 及川1回三者連続Kで上々試運転

[ 2019年7月17日 13:23 ]

第101回全国高校野球選手権2回戦 神奈川大会   横浜17―1横浜旭陵・相模向陽館 ( 2019年7月17日    横須賀 )

 横浜が夏の初戦で圧勝し、4年連続出場へ好スタートを切った。

 16点の大量リードとなった5回から3番手で登板した153キロ左腕のエース及川雅貴投手(3年)は力みがほどよく抜けた本来のフォームもよみがえり、140キロ台後半の直球を繰り出して3者連続三振。強豪校の敗退も続いているだけに「緊張した。とにかく初戦突破できたことが良かった」と安どした。

 春は背番号10を背負って自らを見つめなおす時期もあったが、最後の夏はエースナンバーで迎えた。「1番のピッチングをしようと」責任感をにじませた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース