楽天・則本、好投実らず初黒星 7回1安打1失点も援護なし

[ 2019年7月17日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0―1オリックス ( 2019年7月16日    京セラD )

6回2死、大城を三振に打ち取り吠える則本(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 右肘の手術から復帰2戦目となった楽天・則本昂が7回1安打1失点の好投も実らず今季初黒星を喫した。許した安打は、初回の先頭・福田の内野安打のみ。2回以降はパーフェクトに抑えたが、初回の1失点が決勝点となった。

 打線の援護がなく、自身のオリックス戦の連勝も9で止まったが「初回以外は自分の仕事はできたと思う」。チームは4位に転落し、平石監督は「あの内容で負けをつけてしまって申し訳ない」とエースをねぎらった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース