ソフトB、甲斐野乱調で3連敗 11カードぶり負け越し

[ 2019年7月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―3日本ハム ( 2019年7月16日    ヤフオクD )

9回2死満塁、代打・宇佐見に押し出しの四球を与えてガックリの甲斐野(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 守護神・甲斐野が同点の9回に無安打ながら自己ワーストの4四死球で決勝点を許し、ソフトバンクは6月2日以来の3連敗。11カードぶりに3連戦で負け越した。

 工藤監督は「球は見ての通りいい。あとはしっかり勝負していくということだけで大丈夫」と悲観しなかったが、2位日本ハムとの差は5ゲームに縮まった。甲斐野は「修正する能力がなかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月17日のニュース