【兵庫】社エース藤本、7回参考ながらノーノー達成!「質のいい球を」

[ 2019年7月17日 12:41 ]

第101回全国高校野球選手権 兵庫大会3回戦   社―0須磨友が丘 ( 2019年7月17日    高砂 )

<社・須磨友が丘>社のエース藤本
Photo By スポニチ

 阪神・近本、楽天・辰巳と昨年ドラフトで2人の1位指名選手を輩出した社のエース藤本竜輝(3年)が7回参考ながらノーヒット・ノーランの圧倒的なピッチングを披露した。

 立ち上がりを2者連続三振でリズムに乗ると、三回からは3イニング連続で2奪三振。MAX148キロのストレートと、カウントを取るカーブの緩急も使うことができた。「スピードよりも、質のいい球を投げることがテーマでした。追い込んでからは三振を取りに行きましたけど」と7回無安打、毎回の12奪三振でスタンドもうならせた。

 山本巧監督(47)も「8割くらいの力で要所を締めてくれた。バッテリーでしっかりテンポを作ってくれているし、信頼しています」と手応え。「日本一になることが目標。そのためにチームに貢献したい」と藤本は力を込めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース