【長崎】長崎日大、清峰を下す 藤田、アクシデント乗り越え3安打完封

[ 2019年7月17日 14:06 ]

第101回全国高等学校選手権長崎大会2回戦   長崎日大3―0清峰 ( 2019年7月17日    長崎県営 )

<長崎日大・清峰>3安打完封の藤田
Photo By スポニチ

 2回戦屈指の好カードは10年以来9年ぶりの夏の甲子園を目指す長崎日大が3―0で清峰を退けた。平山清一郎監督は監督に就任してから初めての夏で1勝をあげた。

 先発した背番号1の藤田宗純投手(3年)がキレのある直球を武器に3安打無失点投球で完封勝ち。随所に投げたカーブも効果的だった。「低めに伸びのあるボールを投げられた」と話した。6月末の練習試合で打球を受け、右手親指の甲を打撲するアクシデントを乗り越えた完封。「(個人的には)9回投げられたのがでかかった。次に生かしたい」と誓った。

 長崎日大は広島の大瀬良大地投手(28)らの母校。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース