阪神・原口 6月20日以来のスタメンで勝ち越しの2点適時打

[ 2019年7月17日 19:11 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2019年7月17日    豊橋 )

<中・神>3回表2死二、三塁、原口は勝ち越しとなる中前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神・原口が久々のスタメン起用に快音で応えた。

 同点で迎えた3回、2死二、三塁の好機で阿知羅のスライダーを捉えて中前へ抜ける勝ち越しの2点適時打。2死から糸井の四球と大山の二塁打で作ったチャンスをしっかりとモノにした。第1打席も中前打を放ち、6月20日の楽天戦以来となるスタメンで存在感を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース