リーグ首位打者のロッテ・荻野 2安打1打点 2試合連続マルチ安打で打率は・330にアップ

[ 2019年7月17日 22:01 ]

パ・リーグ   ロッテ3―4西武 ( 2019年7月17日    メットライフD )

<西・ロ>3回1死、先制の左越えソロ本塁打を放つ荻野(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 リーグ首位打者のロッテ・荻野が2安打1打点と気を吐いた。

 3回1死では左翼に先制の7号ソロ。内角低めの142キロの直球をポール際に運び「いい打ち方ができた」

 8回には1死から遊撃内野安打で出塁。1点差に迫る反撃の起点となった。

 2試合連続のマルチ安打で打率は・330にアップ。「好調かは分からないけど、何とか塁に出ようという意識でやっている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月17日のニュース