阪神・ジョンソン来日初の1イニング2失点 8回に勝ち越し点献上

[ 2019年7月15日 20:56 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年7月15日    ナゴヤD )

<中・神>3番手で投げ込むジョンソン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 2―2の8回に阪神・セットアッパーのジョンソンが勝ち越し点を献上した。

 2死から大島に左前打を打たれると、続くアルモンテに初球を狙われ、右中間への2塁打で一塁から大島が生還。なおも二塁に走者を置いてビシエドにも適時二塁打を許して、防御率0点台(試合前まで0・54)の助っ投が来日初の1イニング2失点。この回を投げきることなく、降板となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース