【石川】日本航空石川、4回までに7得点 初戦は7回コールド勝ち

[ 2019年7月15日 14:59 ]

第101回全国高校野球選手権 石川大会2回戦   日本航空石川7―0石川工(7回コールド) ( 2019年7月15日    石川県立 )

 シード校の日本航空石川が、7回コールド勝ちで初戦を制した。初回に夏川風真捕手(3年)の2点適時打で先制すると、4回までに7得点。投げては最速148キロ右腕の重吉翼投手(3年)が被安打1、6奪三振で完封した。

 昨年は初出場した選抜で8強入りし、夏もシード校で臨んだが初戦で金沢工に敗退。その試合で敗戦投手になった重吉は「先発は言われていなかったけど、自分が行きたい気持ちはあった。去年のことがあって緊張感はあったし、どんな相手でも何が起こるかわからないと思っていた」と話した。

 昨年の主砲で、6月の全日本大学選手権で優勝した明大・上田優弥外野手(1年)も練習後に都内から駆けつけてスタンドで観戦。「緊張しているように見えたが、しっかりとプレーできていた。自分たちの代で甲子園に行くのはいい経験になると思うので、体感して欲しい」と後輩たちにエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月15日のニュース